【仕様】値を返さない式の4D TAGSにおける扱いについて

Go down

【仕様】値を返さない式の4D TAGSにおける扱いについて

投稿 by miyako on 2017-12-12, 11:13 am

PROCESS 4D TAGSは,4Dコードが埋め込まれたテキストを解析・処理して別のテキストを出力する,とても便利なコマンドです。v16では,条件分岐や繰り返しだけでなく,複数行にわたるコード(4DCODE)や値を返さないコマンド・代入文など(4DEVAL)も記述できるようになり,さらに用途が広がりました。

通常のタグ(4DTEXT・4DHTML)を使用して値を返さない代入文を記述した場合,16R3では出力テキストに「エラー#49」という文字列が返されました。

Code:
<!--#4DTEXT $var:=1-->
&lt;!--#4DTEXT $var:=1--&gt; : ## エラー # 49

16R4では,「未定義」という文字列が返されます。

Code:
<!--#4DTEXT $var:=1-->
&lt;!--#4DTEXT $var:=1--&gt; : 未定義

これは仕様の変更です。

値を返さないコマンド・代入文など記述するのであれば,式を実行するだけで文字列を返さない4DEVALタグを使用するようにしてください。

miyako

投稿数 : 281
登録日 : 2016/07/05

トップに戻る Go down

トップに戻る


 
Permissions in this forum:
返信投稿: 不可