【仕様】Process state 6 (Hidden modal dialog) の廃止

Go down

【仕様】Process state 6 (Hidden modal dialog) の廃止

投稿 by miyako on 2018-11-02, 10:44 am

PROCESS PROPERTIESコマンドの第3引数 (procState),およびProcess state関数の戻り値には,_o_Hidden modal dialog (6) という定数が用意されています。

http://doc.4d.com/4Dv17/4D/17/PROCESS-PROPERTIES.301-3730334.ja.html
http://doc.4d.com/4Dv17/4D/17/Process-state.301-3730343.ja.html

これは,v16以降,廃止された(返されることがない)値となっています。

ダイアログを実行中のプロセスを非表示にした場合,v15以前であれば,6 (Hidden modal dialog) が返されましたが,v16以降,そのようなプロセスの状態には 2 (Waiting for user event) が返され,表示されているダイアログと区別が付きません

非表示ダイアログを検出するためには,PROCESS PROPERTIESコマンドの第3引数 (procState)と第5引数 (procMode=TrueまたはprocMode ?? 0) を合わせて判定する必要があります。

C_BOOLEAN($0;$visible)
C_LONGINT($1;$status;$elapsedTime;$ui;$origin)
C_TEXT($name)

PROCESS PROPERTIES($1;$name;$status;$elapsedTime;$visible;$ui;$origin)

Case of

: ($visible)

$0:=False

Else

$0:=($status=Waiting for user event)      

End case

miyako

投稿数 : 281
登録日 : 2016/07/05

トップに戻る Go down

トップに戻る


 
Permissions in this forum:
返信投稿: 不可